トップページへ (1)方証相対と弁証論治 (2)昭和末期の漢方医学の一般的な学習方法 (3)中医学基礎と漢方医学基礎
(4)両医学におけるにおける臨床実践上の虚実論の比較 (5)漢方医学(日本漢方)における虚実論における錯誤
(6)中薬学に比べてあまりにも見劣りがする漢方薬学 (7)漢方医学における方剤学 (8)漢方医学に将来はあるのか?
(9)中医学の優越性 (10)日本漢方(漢方医学)の将来のために (11)追記 (12)文献 相互リンク集

   

中医学基礎と漢方医学基礎


 さて、中医学における前述の三つの基礎課程、即ち、中医基礎学、中薬学、方剤学は、漢方医学においては、どういうものが該当するであろうか?

 まず、中医学基礎学に該当するものは当時、長濱善夫著「東洋医学概説」、西山英雄著「漢方医学の基礎と診療」などがあったが、その後、私の知る限りでは、山田・代田共著「図説東洋医学」のみである。

 漢方基礎学は、「陰陽」、「虚実」、「表裏」、「寒熱」、「気血水」を特に重視し、三陰三陽の六経弁証、日本特有の腹診法等が主であって、その他の細かいところは、傷寒論、金匱要略に重要なことはすべて書かれているとする立場が中心であるようだ。
 黄帝内経思想は、書物によっては大いに取り上げられているようだが、鍼灸治療の立場と異なって湯液治療の臨床的運用においては、それほど重要視されていないのが平均的なところであるように思われる。
 そして未だにこれが漢方医学であると示される程に体系化された教科書、または教科書的な基準が出来てはいない現実はいかにもさびしい。


続きは⇒(4)両医学におけるにおける臨床実践上の虚実論の比較